【18ブレイゾン】ソルトベイトフィネスに最適すぎた理由

 

ダイワ 18ブレイゾン 672LBを買いました

 

バスフィッシングはやらないんですが

漁港やテトラでのライトロックフィッシュなどの

比較的フィネスな釣りで使おうかな、という感じです

 

安いし、別にそんなに期待してなかったのですが

これがまた素晴らしいロッドでしたので、ご紹介します




 

1、18ブレイゾンは軽すぎる!

参照:ダイワHP(http://www.daiwa.com/jp/fishing/item/rod/bass_rd/18blazon/index.html)

2ピースの672Lで97g。スピニングになると2ピース6.4ftで82g!

テーパーのしゃっきり感も相まってめちゃくちゃ軽いです

 

対抗馬だったゾディアスだと642BFSでも100g超えてきますから

18ブレイゾンの軽さが際立ちます

 

フィネスな釣りをする場合には、軽さは武器です

これだけ軽さを求めてこの価格…ダイワの本気は恐ろしい…




 

2、見た目がカッコよすぎる!

ダイワお得意の赤の差し色がカッコイイです

ロッド単体で見ると『ちょっと派手かなぁ…』なんて思うかもしれませんが

ソルトベイトフィネスはナイトゲームが主なので、夜使ってても

カッコよさが目立つと、使ってて楽しくなってきます

 

自分はベイトフィネスモデルの672LにジリオンSTVW載せていますが

もっとフィネス寄りで1g台とか使いたいならアルファスエアにするとGood

 

3、シャープで感度も良好!

ゾディアスはカーボン含有率が低めで、もっちりとした粘りのある感じですが

18ブレイゾンはレギュラーファーストのしゃっりきロッド

ゾディアスよりも、完全にエクスプライドに近い感覚です

 

かといって硬いの一点張りではなく

2g程度のシンカーでもちゃんとティップが曲がってキャストできますし

こんなクソチビタケノコちゃんのアタリもカツーン!と響きます

アルコナイトガイドって初めて使いますけど、問題なさそうです

 

4、18ブレイゾンは安すぎる!!

ハッキリ言ってこれで店頭価格1万円切るのは頭がおかしいです

自分はYahoo!プレミアム会員でもあるので

ポイントを上手く乗せて、実質6千円ちょっとくらいで買ってます

 

そして、この安さなのでテトラでちょっとガリっちゃっても全然へっちゃら

ライトロックフィッシュではティップこするくらいは割と普通なので

いちいち気にせずに済むのはほんと嬉しい所です

 

5、バットが強い!

ライトロックフィッシュでは、バットの強さは超大事

テトラの付近で掛ければドちびカサゴでもあっという間に潜られますし

バットがふにゃふにゃだと『根掛かりしかけ』の状態から上手く外せません

 

20cm程度のタケノコメバルをテトラの穴でかけた時も

クラッチ切ってたので無理やりバットで突っ込みを耐えさせましたが

潜られることなく抜き上げが出来ました

 

30cmクラスのハタもイケると思います。夏が楽しみ…♪

 

6、まとめ

ぶっちゃけ大満足です

強いて言うなら、ダイワの悪い癖で

ワンピースは6.5fなのに、なぜ2ピースは6.7fになるんだよ!!ってところですね

こーゆーとこ嫌いですダイワさん、シマノ見習って。

 

ゾディアスとは味付けが違うので、対抗馬というには少し違うかもしれませんが

ホントにオススメです

セミハードロックフィッシュ用にMHとか買ってもいいかもしれないと思ってます




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です