最強のランガン用タックルボックス現る【メイホウ 3010W-1】

出来るだけ多くの物を綺麗に収納し

楽に持ち運びができ、現場での使い勝手に優れる・・・

 

そんな無茶な要望に応えてくれる素晴らしいタックルボックスを求め

ランガンアングラーは日々1つまた1つとタックルボックスを買い漁り・・・

 

気がつけば、こんな感じでタックルボックスタワーが

いくつも出来上がってしまっている人も多いことと存じます

 

この『タックルボックス沼』から抜け出す方法はただ1つ

今回は、ライトゲーム用ランガンタックルボックス戦争に終止符を打つ

最強のボックスをご紹介です




 

1、最強はメイホウ

タックルボックスといえばやっぱりメイホウが最強

リバーシブルシリーズも素晴らしいですが、ライトゲームならやはりこっち

メイホウ ランガンケース3010W-1というやつです

リバーシブルシリーズと同様、こちらも両面収納になっており

この3010W-1は片側がスリットになっていて、ジグヘッドが綺麗に収納できます

 

普通の仕切り収納にまとめて入れると、ジグヘッド同士が絡まりまくるので

こうやって綺麗に収納できると、暗闇でも取り出し易く便利です

まぁ、ジグ単苦手なのでほとんど使いませんけど

もう片方は好きな大きさに調整可能な仕切り収納になっています

 

かなり薄いケースですが、プラグも普通に入ります

ハゼクラ用のクランクやフェイキードックみたいな太いルアーも普通に入ります

この量のプラグを入れてまだ隙間があるところを見てもらえれば

収納力の高さも伝わっているんじゃないかと

仕切り収納側の蓋はワームがくっつかない加工がしてあるので

スリット側にジグヘッド、仕切り側にワームを入れておけば

これ1つでジグ単の釣りは完全カバーできてしまいます




 

2、良い所・ダメな所

こちらのランガンケースシリーズには

3010Wサイズのほかに、小さめのランガンケースWってやつがあります

 

3010Wが205×145×40mm

ランガンケースWが175×105×38mm

各サイズに両面仕切り・両面スリット、片面ずつの

3タイプがあり、好み・用途に合わせて選べる自由度の高さがまた嬉しい

 

自分はとりあえず汎用性の高そうな片面ずつを選びましたが

予想以上に使い心地がいいので、ライトロック用に両面仕切りも購入予定

両面スリットはまぁ・・・トラウト始めたら買います

 

また、先程小さいサイズと大きいサイズがあると言いましたが

自分は大きいサイズをおすすめします

ライトゲーム専門ならどちらでもいいかと思いますが

シーズンに応じてシーバスやエギングをやる人がほとんどでしょう

 

3010Wのサイズはシーバスやエギング用の基本ボックスサイズと

同じ大きさになっているので、フローティングベスト等にもピッタリ収まります

自分はメイホウのランガンシステム VS-7055を使っているのですが

ここの下の収納スペースにぴったり収まるのも助かります

 

小さいサイズは上蓋の収納スペースの1角に収まるようになっていますが

そのほかの部分には綺麗に収まらないのが残念

ごく一般的なケースとほぼ同じ厚みで、両面収納&使い勝手は抜群

まさにランガンケースに求めるべく、すべての要素を備えています

 

不満は得にはないのですが、強いて言えば

ガン玉やダウンショット用のマスバリ、スナップなんかの

小物入れ用として使うのはちょっとキツイってところかな

現場でケースが傾いた時にポロっと落ちちゃうことがあります

 

VS-7055と一緒に使うときは全く問題はありませんが

テトラでこれだけカバンに入れて釣り歩く時等は、気をつける必要がありますかね

 

3、まとめ

これ以上優れたライトゲーム用のランガンケースとかないでしょってレベル

 

先程も言ったようにスナップ等の小物入れるのが少し厳しいので

小物入れケース+メイホウランガンケースの2つがあれば

もう他に買うべきケースはありません

 

チェーン店的なところならどこでも置いてあると思いますので

ぜひ一度店頭で触ってみてください。ってか、買って使いましょう

感動しますよ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です