【インプレ】ダイワ 月下美人MX74ul-sは初心者にオススメの万能ライトゲームロッドだった!?

この度、ソルトライトゲームの小物釣りロッドとして

ダイワ 月下美人MX 74ul-sを買いました

自分も含め、湾奥フィールドが中心になるシティー派アングラーの皆様にとって

小物釣りは、『基本の釣り』であり『癒しの釣り』でもありますよね

 

仕事帰りにふらっと…

休日に数時間だけ…

 

短時間釣行が多くなりがちだが、近場ではなかなか大物は釣れない…

そんな時に心地いい引きで楽しませてくれる小物たち

 

そんな小物たちとの楽しいひと時を、より満喫するための

ウルトラライトタックルが欲しいなぁ、とずっと思っていたのですが、この度ついに購入

これが中々満足のいく1本だったため、紹介していこうと思います


1、ダイワ 月下美人MX74ul-s スペック

ダイワ 月下美人MX 74ul-sのスペックはこんな感じ↓↓

●標準自重:83g
●標準全長:2.24m
●継数:2
●仕舞:116cm
●先径:0.8mm
●元径:8.9mm
●適合道糸PE:0.15-0.4
●適合道糸ナイロン:2-5
●ルアーウェイト:0.5-5
●カーボン含有率:91%
●メガトップ搭載、ジグヘッド単体で違和感なく、ターゲットに口を使わせる誘いのロッド。

商品説明にはこんな感じの文章が書かれています↓↓

●アイテム毎に求められる性能を解析し、ベストなバランス、アクションを追及した一品一様の専用設計。クラス最軽量、操作性に優れたハイポテンシャルなメバル・アジロッド。
●メガトップ(※月下美人MX 72L-S、74UL-S、月下美人MX AJING 71UL-S、74L-Sのみ)
●カーボン繊維と樹脂を美しいほど均一に分散させることで、従来のカーボンソリッド穂先に比べて強度が飛躍的にアップ。さらに、手に響くような感度とともに、穂先に現れる視覚的感度も大幅に向上。
●チタンフレームKガイド
●ベリー~ティップ部には軽さと糸絡みの低減を狙ったKガイドを搭載。
●スケルトンリールシート
●握りやすく軽量なスケルトン仕様のリールシート
●PタイプフレームKガイド(※月下美人MXのみ)
●バット部にはPEラインの使用でも絡みが少ない強度重視のPタイプフレームKガイドを搭載。

 

まず目を見張るべきはその軽さ

7.4f83gとは本気でビビります・・・(笑)

ただ全体としてこの軽さであり、チューブラーのようなパリッと感はないので

若干先重りする感じがありますが、まぁ仕方がないところ

 

デザインも素晴らしいですね

正直、このデザインに惹かれて買ったといっても過言ではありません(笑)

赤と黒を基調としたシックでありながら存在感をしっかり放つデザイン

TVSリールシートも非常にカッコいいです

リールはシマノ 16ストラディックCI4+2500Sを合わせました

むちゃくちゃかっこいいですね…この組み合わせがしたかった…

 

リールの月下美人MXを合わせなかったのは単純にあのリールがへぼいから

ストラディックCI4+も絶品と呼べる代物になっていますので、こちらもあとでインプレします

なぜこのロッドに合わせる番手がC2500Sではなく2500Sなのかもそこでお話ししますね


2、小物も大物も楽しめるしなやかさ&パワー

まだ3回しか釣行に連れて行っていませんが、ポテンシャルは充分に伝わってきます

こんな5cmくらいのコトヒキでもしっかり曲がって楽しませてくれますし…

30cmくらいのソゲも、楽々底から引き剥がせるパワーがあります

 

全体的にしなやかできれいに曲がるので、大物の引きでもしっかりいなしてくれ

最近のULメバリングロッドにありがちなペナンペナンな竿ではなく

しっかり張りがあり、強い引きでものされることなく耐えるパワーがあります

 

まだ大物と呼べるようなサイズは掛けていませんが、50cm程度のシーバスなら

問題なく寄せて来れるでしょう

ただ、抜き上げは絶対無理なのでランディングネットは常に持ち歩きましょう

 

3、感度・操作性・食い込み・バラシにくさ…完璧!!

メガトップの恩恵なのか、感度や食い込みの良さが抜群にイイです

感度に至っては、1gのジグヘッドの着底が手元に伝わってくる!なんていう人もいますが

わたくしめはジグヘッドの釣りが苦手なので、ぶっちゃけわかりませんでした(笑)

まぁ、その辺はライン見てればわかりますので、別に手元に伝わってこなくても問題ないです

 

ただ、先程のミニマムコトヒキがルアーにちょっかいをかけてくる…

そんなわずかな当たりはしっかり手元に伝わってきますので

必要十分なだけの感度は備えています

 

また、しなやかに曲がり、魚の引きをしっかりいなしてくれるので

多少やり取りがへたっぴでもほとんどバレません

自分はライトソルトゲームにはバーブレスフックを使っていますが

バーブレスでも安心してやり取りができます

 

この食い込みの良さとバラシにくさは、初心者には嬉しい機能ですよね

 

4、ソリッドティップだけどプラグも使える万能さ!

チーバスくんも・・・

ちょっと大きめのカマスも・・・

フェイキードックCBのようなペンシルベイトでも・・・

先程の章で出したソゲもコトヒキも・・・

使っているルアーは、全部プラグです(笑)

 

パッケージには王道のジグヘッドなんて書いてありますが

このロッドは、小型ミノーや小型シンペン用で購入しています(笑)

ソリッドティップの恩恵でただ巻きでの乗りの良さは文句の付けどころがありませんし

軽いトゥイッチやフェイキーでのドックウォークも問題なくできました

3g程度の小型バイブレーションとの相性も良さそうです

 

ただジャーキングやメタルジグのリフト&フォールのようなアクションは苦手なので

そういったハードなアクションで誘う釣りがしたい場合はチューブラーを買うといいでしょう

 

5、軽量ルアーのキャスト精度&飛距離が大幅UP

これが、最もこのロッドでオススメしたいポイント

ロッドが非常にしなかやに曲がるので、2gのミノーの重さをしっかりロッドに伝えられ

飛距離も30m程度は余裕で飛びます

 

また、軽い力で軽量ルアーが簡単に飛んでいくため、必要以上に力むことがありません

そのため狙ったポイントへのキャストが格段にしやすくなっています

初心者の方でもちょっと練習すれば、常夜灯周りの明暗の際や堤防の際など

美味しいポイントをしっかり引いて来れるコースにキャストする事が可能でしょう

 

これはほんとに大切な機能であり

50歩100歩の感度うんぬんよりもはるかに釣果に直結してきます

ついでに、キャストが正確に決まればルアーのロストも格段に減るので

お財布にも地球にも優しいです(笑)

 

6、まとめ

ダイワ 月下美人MX 74ul-sは、20cm程度のサイズがアベレージになりがちな

湾奥フィールドにはうってつけのライトソルトロッドと言えそうです

 

ダウングレード版の月下美人とあまり性能差がない、なんて風にも言われますが

チタンフレームとTVSリールシート採用というだけでも価格差は充分なのでは?という感じ

 

ナチュラムではもう売り切れてしまったようですが

店頭でもまだまだ現役で並んでいますし

Amazonや楽天などでも普通に買えますので、オススメです

 

小物でまったり癒されたいシティー派アングラーの皆様は、ぜひ一度ご検討を!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です