始めてみよう!!ソルトベイトフィネスにオススメなタックルまとめ

前回の記事でソルトライトゲームにおける

ベイトフィネスタックルのオモシロさをご説明しましたが…

 

今回は、もっともっと軽く繊細な釣りをベイトでやりたい!という

本気のソルトベイトフィネスに使えるタックルをご紹介です!

 

今時分が気になっているモデルをガンガン紹介していくので

タックル選びの参考にしてみてくださいね!



【関連記事】

【初心者向け!?】ソルトベイトフィネスライトゲームが超おもしろい!

[blogcard url=”http://nanairoring.com/2017/09/05/post-268/”]

 

1、アブガルシア

言わずと知れた、ソルトベイトフィネスの先駆けとなったメーカーですね

アブの製品については賛否あるようですが、自分は結構推してます

ソルティーステージシリーズは安い割に性能もよく

見た目も非常にかっこいいのでとてもオススメですよ♪

ロッドは、ソルティーステージ ベイトフィネスカスタムがオススメ

さらにお安いモデルもラインナップされています

アブのベイトフィネスリールといえばやっぱりレボシリーズですね

2、ダイワ

シマノとしのぎを削る国内最大手メーカーの片翼ですね

ダイワのソルトライトタックルと言えばやっぱり『月下美人』でしょう

値段こそそこそこしますが、それに見合った性能が約束されています

 

月下美人からもベイトフィネスモデルが誕生し

アルファスAIR等の高性能で値段も安いベイトフィネスリールも出しています

月下美人+アルファスAIRはお互い専用機かと思うほどベストマッチ

最初にちょっと奮発してこのセットを揃えてしまえばソルトベイトフィネスで困るシーンはないでしょう

持ち運びに便利な5ピースモデルもあります

コスパ最強と名高い、アルファスAIR

 

3、シマノ

こちらも国内最大手の片翼を担うメーカー

ダイワ派かシマノ派か、だいたいどっちかに分かれてる気がするくらいですね(笑)

 

シマノの製品でソルトベイトフィネスと言えば『リール』のイメージ

なんて方も結構多いのでは?

カルカッタコンクエストやアルデバラン等超有名なベイトフィネスリールが揃っています

入門機種として『17スコーピオンBFS』も登場

ダイワのアルファスAIRと比べても引けを取りません

 

ブレーキシステム等の違いで選ぶのもいいですが

ダイワもシマノも、入門機種としては十分すぎるほどの性能なので

好きな方を選ぶと良いでしょう

 

シマノ(SHIMANO) 16 アルデバラン BFS XG 左

純粋なフィネスリールではないですが、スプールを交換することで
フィネスリールとしても素晴らしい性能を発揮できる
ブレニアスもかなり人気

 

4、まとめ

今回紹介したメーカーはどれも超有名どころばかりでしたが

最近ではソルトベイトフィネス用のロッド、リールが様々なメーカーから発売されています

 

同じライトアクションのロッドでも

扱える重量が違ったり、ロッドの張りが全く違ったりするので

できればお店で1度実機を触ってチェックできるとベストですね

 

リールはとて安いものから5万円を越すようなものまでありますが

ある程度有名なメーカーのものを買った方がのちのちストレスなく釣りができますよ

 

タックルは選んでる時が一番楽しいですし

じっくりしっかり吟味して、自分にぴったりのものを選びましょう!

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です