【初心者向け!?】ソルトベイトフィネスライトゲームが超おもしろい!

最近流行っていますね、ソルトベイトフィネス

 

バス釣りの世界ではもやは確固たる地位を築き上げたベイトフィネスですが

ソルトの世界では広がり切っていない印象を受けます

確かに自分も超軽量リグをベイトタックルで扱うのはあまりメリットを感じません

 

ですが、超軽量リグはかなりしんどいですが

3g~5g程度のジグヘッドや、5g~10gのプラグはとても快適に扱えます

 

5g~10gというと、フィネスというよりもライトゲームのカテゴリーになりますが

この『フィネスタックル』『ライトゲーム』というのがめちゃくちゃ楽しいんですよね(笑)

 

ベイトタックルと聞くと難しそうなイメージですが

スピニングと違って底が取りやすく感度もかなり良いので

底をしっかり攻めたり根がかりを簡単に回避できたり

アタリもしっかり取れたり…

 

キャストには多少の慣れが必要ですが

それを補ってあまりあるメリットとおもしろさがこの釣りには隠れています

ぜひ、初心者の方にこそチャレンジしてほしいかも?(笑)

 

というわけで今回は

ベイトフィネスタックルで楽しむソルトライトゲームのご紹介です

これはほんとに楽しいので、マジでオススメですよ(笑)

 

【関連記事】

【18ブレイゾン】ソルトベイトフィネスに最適すぎた理由



 

1、ベイトフィネスのメリット

 

ライトゲームならちょっと強めのメバリングタックルでも十分楽しめますが

これをわざわざベイトフィネスにするのにはそれなりのメリットがあります

 

どんなメリットがあるかというと…

・操作感ばバツグンにいい!ルアーアクションもキビキビ

・トップ~ボトム、オープンからスポット撃ちまでなんでもできる汎用性

・小物でも十分楽しめるしなやかさ&不意の大物にもしっかり対応するパワー

・停泊船の隙間や壁際ギリギリ等、難しいところへのキャストが楽々

・太めのフロロ直結でもストレスフリー=リーダー要らず!

・なぜか投げてるだけで異常に楽しい

などなど(笑)

 

特にメリットを感じる点と言えば

大物にもしっかり対応してくれるパワーとキャスト精度の高さ、リーダー不要の点

 

ソルトフィールドは、時にびっくりするような大物がかかることもあります

スピニングのフィネスタックルでは50cmほどのボラですら相当しんどい戦いになります

その点、ベイトフィネスタックルであれば小物を十分に楽しみつつ

60cmのシーバスがかかっても十分寄せられるパワーがあります

これは、なにがかかるか分からないソルトのライトゲームでは非常に重要ですね

 

また、キャスト精度が高いのでストラクチャー周りをバンバン撃っていくことが多くなります

その場合根ズレ等ですぐにリーダーがダメになりますから

キャスト精度の高さを最大限に生かすためにも、フロロ直結ができるのはかなりのメリット

釣り場でリーダー結び直すのは至難の業ですからね



2、ベイトフィネスタックルのデメリット

メリットも多いですが当然デメリットもあります

・5g~10gのリグとはいえ、飛距離はスピニングに敵わない

・致命的なバックラッシュを出すと、釣りが強制終了される

・キャスト精度は高くなるが、それを最大限生かすには練習が必要

・タックルを揃えるのに、結構お金がかかる

などなど

 

スポット撃ちするならベイトが圧倒的有利だと思っていますが

ソルトはフィールドが広い為、オープンに投げることも多くなります

そこで飛距離が稼げないのはやはり致命的と言えます

 

そしてキャスト毎に付きまとうバックラッシュの恐怖

リールの性能やキャスト技術、替えスプールの用意等で

かなり軽減できるとはいえ、0にするにはそれなりの練習が必要です

そこを楽しめない人にはベイトフィネスは無理でしょう

 

そして、ベイトフィネスタックルは無駄に高価である点

ロッドはかなり安価で品質の良いものが出始めてきていますが

本格的なフィネス用のベイトリールは3万以上は出す必要があります

 

もちろん今回は『本格フィネス』ではなく『フィネスタックルのライトゲーム』ですから

本格的なフィネスリールを用意する必要はありません

ですが、初心者であればあるほど、リールにはお金をかけるべきだと思います

 

キャスト技術が身についてない間はリールの性能に助けてもらいましょう

さすがにダイワ・シマノのハイエンド機種を使えとは言いませんけどね(笑)

 

3、オススメのベイトフィネスロッド

 

ロッドですが、各メーカー色々なものを出しています

好きなものを選べばいいと思いますが

まずは7f後半のチューブラーモデルを選ぶといいんじゃないかな、と思います

 

値段もピンからキリまでありますが、オススメは

アブガルシア SaltyStage(ソルティーステージ)ベイトフィネスカスタムシリーズ

 

もっといいロッドは確かにたくさんありますが

コスパに優れているロッドと言えばやはりこのシリーズでしょう

見た目も超カッコいいので超オススメですよ♪

 

まずはこのシリーズから始めてみて

・もっと重めもリグを使って大物を狙ってきたい!

・もっとライトなタックルで本格的なフィネスの釣りがしたい!

と、自分がやりたい釣りのスタイルが決まったら

さらにワンランク上のロッドを買うと良いでしょう

 

ソルテーステージ ベイトフィネスカスタムシリーズだけでも

結構な種類がありますが、オススメはずばりこのモデル!!

 

パワーフィネスモデルですので

多少重めのルアーのフルキャストにも対応してくれますし

フィネスカスタムなので軽めのルアーもOK!

2g~と表記されていますが、正直かなり慣れないと2gはしんどいでしょう

その分今回のメインウェイトである5g~10gのルアーはとっても扱いやすいモデルになってます

また、バット~ベリー部にかけてしっかりと張りがあり

ティップはしっかりと曲がるようにできているので操作感も抜群!

トップ~ボトムまで、幅広く対応可能な1本になってます

 

 

こちらは上記のパワーフィネスモデルよりもワンランクライトなモデル

似通ったモデルで732と782がありますが、782がオススメ

長さがそんなに変わるわけではありませんが、少しでも飛距離が稼げます

 

ただ、硬さは同じLなのにも関わらず

なぜか732の方がベリー部がしっかりした作りになっていて

逆に782はティップ~ベリーにかけてがペナンペナンです(笑)

軽く振っただけでぐにゃんぐにゃん曲がります、なんだこりゃ(笑)

 

軽いルアーを快適にキャストするにはこれくらいの方がいいんでしょうけど

ぐにゃんぐにゃんな分、持ち重り感がすごいです

またボトムをトントン叩くようなアクションは難しいでしょう

トップウォーターやミノーなどのプラグ中心で考えるならよさそうです

 

4、オススメベイトリール

最近では、とっても高性能なベイトフィネスリールが各社から出てきていて

どれを選べばいいか迷ってしまいますよね

 

最近の本格フィネス用リールの性能はすさまじく

本気で1g2gを投げに行くことを狙っている性能に仕上がっていると思います

弱点は、その高性能さ故値段が超高いこと(笑)

 

本格ベイトフィネスがやりたい方は少なくとも予算3万は見積もるべきでしょう

 

ただし今回は本格ベイトフィネスではなく、あくまで『ライトゲーム』

使用するルアーのメインウェイトが重めですから、本格フィネスリールは必要ありません

むしろ、想定されている重量より重い物を投げるため

本格フィネスリールを使うとブレーキの効きが悪くなります

 

なので強度的にフィネスリールのワンランク上にあたるモデルを使うといいです

オススメなのはダイワ SVシリーズ

 

 

 

 

SVとはストレスフリーバーサタイルの略

ある程度フブレーキ設定をしっかりしれやればバックラッシュはほぼ皆無と

まさにストレスフリーな一品

 

ハイエンドモデルのT3SSやSSSV、タトゥーラSVやアルファスSVなど様々なモデルがラインナップされていますが

自分が求める釣りに合うギア比の物や値段などで決めると良いでしょう

 

一番安いアルファスSVでも十分すぎる性能は持っていますので

とりあえず始めてみたい!と言う方はアルファスSVがオススメ

 

 

スプールのキャパはフロロ8ポンドが100mは巻けるものを使いましょう

フィネスでは45m程度しか巻きませんが

より遠く、より深く探る為には45mでは足りませんし

フィネス程繊細な釣りではないのでラインが多くてバックラッシュ連発!なんてこともないです

 

5、まとめ

『ベイトフィネスタックル』『ライトゲーム』

ダイレクト感といい、ゲーム性といい本当に面白い釣りなので

是非一度お試しあれ!

 

特にアベレージサイズの小さい、ここ愛知県では

どうしても小物の数釣りになりがち…

 

15cmのカサゴですら死ぬほど楽しめ

60cmクラスのシーバスにも対応できる、ベイトフィネスタックルで

ライトなソルトゲーム、満喫しましょう♪♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です